開眼法要について|東京の霊園.com

資料請求リストに追加した霊園・墓地0

    現在リストに登録された霊園・墓地はありません。

×閉じる

開眼法要

まずお墓を建てたなら、できるだけ早くしなければならないのが「開眼法要」です。

仏教で、お墓は建てただけでは、ただの「もの」に過ぎないとされています。それを開眼法要を修めることによって、仏さまの魂が墓石に入り、ただの「もの」から仏塔になるのです。つまり開眼法要をすることによって初めて、手を合わせるにふさわしいお墓になるのです。
地方によっても呼び名が異なり、開眼供養、入魂式、魂入れ、お性根入れなどと呼ばれることもあるようです。
開眼法要をするためには、お坊さんにお墓まで来てもらい、お経を読んでもらうことになります。法要を行うのは、本来なら、お墓を建ててからできるだけ早く行うものですが、状況によって必ずしもそれにこだわる必要はありません。
既に遺骨がある場合は、関係者の都合のいい日を選び、納骨法要といっしょに行うことが多いようです。年回法要(一周忌、三周忌など)、あるいはお彼岸やお盆の仏事にあわせて営むことも少なくありません。
ただし生前にお墓を購入した場合は、納骨法要や年回法要はないわけですから、建ててからできるだけ早く行うのが好ましいとされています。開眼法要をしないまま、何年もほったらかしということは、あまりいいことではありません。
日取りについては、まずお坊さんの予定を確認しなければなりませんが、参列する人の都合も確認する必要があります。お彼岸やお盆はお坊さんの都合がつきにくいので、若干日程をずらさなければならない。
霊園墓地の場合、菩提寺のお坊さんに法要ことも多いようですをお願いすることになりますが、菩提寺が遠方であるとか、長男ではないので菩提寺が無いなどの理由で、法要をお願いするお坊さんがいないこともあります。そうした時、お墓を建てた石材店や霊園事務所に相談をすれば、紹介をしてくれます。また法要に必要な仏具の手配についても、石材店や霊園事務所で準備してくれることが多いようです。
中には「自分は宗教を信じていないので、開眼法要はしなくてもいい」と考えている人もいるようですが、これはあまり感心できません。
本人は、それで問題は無いかもしれませんが、他の家族や親類が、「なぜ開眼法要をしないのか」と不自然さを感じる可能性があります。そして、お墓にお参りをする時に、何か物足りなさを感じるかもしれません。お墓は、残された家族・親類・友人全てにとって大切なものです。そうした人たちへの配慮も必要でしょう。

開眼法要の行い方

開眼供養を寺院墓地で行う場合の一例を紹介します。本堂に集まります。本堂の仏前に遺骨を安置し、僧侶の読経が始まったら、順番に焼香します。本堂での供養が終わると、全員でお墓に向かいます。墓前には白布を敷いた小机を置き、その上に内敷をかけ、燭台、花立て、供物を置きます。墓前でお墓にお迎えする仏を供養するための読経、焼香を行います。開眼供養が終わると納骨します。
※民営霊園などでは、僧侶の紹介をしてくれることも多いようです。

開眼法要にかかる主な費用

①供物、お花、お香の費用
②僧侶への御布施
③法要後のお礼の宴席代